コンピュータは働きたくて、いつもウズウズしています!   Data + Automation = Datamation
TEXT_SIZE

216 SP折れ線作成プログラム

一般に折れ線グラフは、横軸には時系列データなど等間隔のデータが配置されますが、このSP折れ線グラフでは、棒グラフのように横軸を項目として配置する場合に作成できます。

アドイン接続を終え、メニューの「SP折れ線作成」をクリックすると、次のように設定画面が表示されます。


サンプルデータ

横軸に配置する項目と縦軸に配置する項目とを用意します。
ここでは、単価を横軸に、A店・B店・C店の総額を縦軸に配置します。


設定画面

横軸となる単価のデータの範囲を見出しを含めて指定して下さい:

折れ線グラフの横軸に配置した位項目を、マウスでドラッグして範囲選択します。
なお設定画面では「単価」となっていますが、単価を示す項目でなくても問題ありません。
このサンプルデータでは、青色の部分を範囲選択しています。

データの方向:

行方向:↓   列方向:→

縦軸のデータの範囲を見出しを含めて選択して下さい:

折れ線グラフの縦軸に配置した位項目を、マウスでドラッグして範囲選択します。
このサンプルデータでは、オレンジ色の部分を範囲選択しています。

データの方向:

行方向:↓   列方向:→

出力先:

出力を開始したいセルを1か所マウスでクリックして選択します。

設定が済んだら、「開始」ボタンをクリックします。
「中止」ボタンをクリックすると、操作を中止します。


出力結果

通常、横軸の値が無かったり0だったりする項目の縦軸は、0を示します。
本プログラムでは、出力されるグラフの裏側には、グラフ描画用の表が自動的に作成され、縦軸が0にならないよう、調整されています。

ここで、グラフ描画用の表について、0となっている項目を削除することで、よりスッキリしたグラフに仕上げることができます。


定価: ¥2,160.-

ご注文はこちらから。別途、注文フォームが開きます。

▲動作環境・アドイン接続方法など▲

動作環境

日本語版Windows用 日本語版Microsoft Excel2003以降(推奨)が快適に動作するパソコン。
Excelのアドイン「分析ツール-VBA」のアドイン接続を必ず行い、マクロを使用可能にして下さい。
その他は、Microsoft Excelの仕様に基づきます。

なおMicrosoft社によるサポートが終了したバージョンのExcelを使用したときのいかなる障害・損害・不便などにおきましては、当方では責任を負いかねます。
予めご了承ください。

Microsoft社「Windows XP および、Office 2003 のサポート終了についてのご案内
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/sp3eos.aspx

アドイン接続方法・
ソフトウェア使用許諾

addman03     addman07     get adobe_reader


カスタマイズのご用命は、お問い合わせフォームからどうぞ

なおソースコードは、ここでご案内している標準版の内容になります。

お支払方法・納品方法などについては……

特定商取引に関する法律に基づく表記をご覧ください。

Excel用アドインプログラム