511 類似選好分析プログラム

  • 印刷

類似選好分析プログラムは、売上データのクロス集計を行い、同時購買データを抽出し、その状況を分析するときに使用します。

この種のデータが類似選好分析の対象となるデータです。


サンプルデータ・A ~ 1日間データの場合

行と列の要素名と個数が同じ対称行列データが必要です。

サンプルデータ


設定画面・A ~ 1日間データの場合

アドイン接続を終え、メニューの「類似選好分析」をクリックすると、次のように、設定画面が表示されます。

類似選好分析 設定画面

データの範囲:

分析用データに該当する範囲を、マウスでドラッグして範囲選択します。
なお範囲選択できるデータの大きさは最大で、300列×300行です。

→ 300列×300行を超える処理に関する可否・料金を問い合わせる(問い合わせフォームへ)

行と列にラベル:

範囲選択をしたデータについて、データラベルを含んでいる場合は、「共にあり」をクリックして選択します。
なおデータラベルは、行列ともに必要です。

特性図作成:

出力結果と共に特性図を表示させる場合は、「する」をマウスでクリックして選択します。

中間出力:

固有行列等の出力を行う場合は、この「中間出力」にマウスでチェックを入れます。

設定が済んだら、「開始」ボタンをクリックします。
「中止」ボタンをクリックすると、操作を中止します。


出力結果・A ~ 1日間データの場合

類似選好分析 設定画面

類似選好分析 設定画面


サンプルデータ・B ~ 同日購買データの場合

行と列の要素名と個数が同じ対称行列データが必要です。

サンプルデータ


設定画面・B ~ 同日購買データの場合

類似選好分析 設定画面


出力結果・B ~ 同日購買データの場合

類似選好分析 設定画面

類似選好分析 設定画面


参考:

中間出力について、最初の変換行列は、対角要素でデータを割り、すべてから「1」を引いた行列です。
次の変換行列は、列と行のデータを加算した行列です。
最後の固有行列は対角要素を計算し、固有値を求めるために変換する行列です。


定価: ¥12,960.-
キャンペーン価格: ¥10,368.- (2018/09/30ご注文送信分まで)

ご注文はこちらから。恐れ入りrますが、本商品は注文フォームからご注文ください。


デモンストレーション用 Excel形式マクロファイル ダウンロード