901A 正規性検査プログラム

  • 印刷

正規性検査プログラムは、観測データの分布が正規分布であるかを検査する時に使用します。


サンプルデータ

 

実際プログラムの処理には、上の内容を次のように、1列から成るデータを配置します。


設定画面

アドイン接続を終え、メニューの「正規性検査」をクリックすると、次のように、設定画面が表示されます。

データの範囲を指定して下さい:

分析対象のデータをマウスでドラッグして、範囲選択します。
データラベルは含めて範囲選択してください。

危険率:

設定する有意水準を必要に応じて、手入力します。
初期値は0.05(5%)です。

出力位置を指定して下さい:

結果を出力させたい最初のセルをマウスでクリックして、選択します。

設定が済んだら、「開始」ボタンをクリックします。
「中止」ボタンをクリックすると、操作を中止します。


出力結果

有意水準5%のとき、得られたχ^2値(カイジジョウチ)から、正規性はなしと判定されました。


参考

自由度が5、有意水準5%のとき、χ^2値の境界値は11.0705となります。

得られたχ^2値が境界値よりも下回っていれば、正規性ありと判定します。

なおExcelでNORMSDIST関数(Excel2010からはNORM.S.DIST関数)は、正規分布の累積確率を求める関数です。
またCHIDIST関数(Excel2010ではCHISQ.DIST関数)は、カイ自乗分布の片側確率を求めます。
CHIINV(Excel2010ではCHISQ.INV関数)はカイ自乗分布の確率からカイ自乗値を求める、CHIDIST関数の逆関数です。


定価 ¥2,592.-

ご注文はこちらから。別途、注文フォームが開きます。


デモンストレーション Excel形式マクロファイル ダウンロード