706 汎用双対尺度プログラム

  • 印刷

汎用双対尺度法プログラムは、複数のクロス集計表について、双対尺度(そうついしゃくど)法を実行する場合に使用します。

1つのクロス集計表に対して双対尺度法を実行することもできるので、「506 双対尺度法プログラム」の拡張版として利用できます。

そしてクロス集計表の(表頭・表側)項目名部分のフォントに任意の色を指定すると、散布図にもその色が反映されます。


サンプルデータ

複数のクロス集計表について一度に双対尺度法を実行するには、次のように出力行数を考慮しつつ、すべてのクロス集計表に割く行数を同じにしてください。

出力に必要な行数は、クロス集計表の列数+行数+1を超える行数を確保してください。
この例では、空白行を含め、各クロス集計表に23行ずつ割いています。

706 汎用双対尺度法 データ例

上図のデータ例: 706_data.xls (約36KB)


設定画面

アドイン接続を終え、メニューの「汎用双対尺度」をクリックしたら、次の手順に従って操作します。

複数のクロス表について一度に処理する場合は、「連続処理(均一間隔)」をマウスでクリックして選択します。
1つのクロス集計表について、個別に双対尺度法の分析を行う場合は、「個別処理」を選択します(後述)。

706 汎用双対尺度法プログラム 操作手順・1

「入力開始位置の指定」ウィンドウでは、最初のクロス集計表の表頭項目と表側項目が交わる部分(図では黄色のD3セル)1か所を、マウスでクリックして選択します。

706 汎用双対尺度法プログラム 操作手順・2

「等間隔の入力計算用」ウィンドウでは、次のクロス集計表の表頭項目と表側項目が交わる部分(図では水色のD26セル)1か所を、マウスでクリックして選択します。
ここでこのプログラムでは、1つのクロス集計表が23行のスペースを確保していることを認識します。
万一これ以降のクロス集計表で、確保している行数に過不足があると、正しく分析を行うことができません。

※このD3セルやD26セルのようにセルを塗りつぶしてあるのは、本Webページの説明用のためで、実際のExcelワークシートでは、セルを塗りつぶす必要はありません。

706 汎用双対尺度法プログラム 操作手順・3

分析結果の出力開始位置1か所を、マウスでクリックして選択します。
ここではL2セルを選択しています。

706 汎用双対尺度法プログラム 操作手順・4

これまでのところで処理を中止する場合は、「キャンセル」ボタンをクリックします。


出力結果

706 汎用双対尺度法プログラム 出力結果(抜粋)

706 汎用双対尺度法プログラム 出力結果(抜粋)

706 汎用双対尺度法プログラム 出力結果(抜粋)

なおクロス集計表の行数・列数が他と異なるクロス集計表でも、分析が可能です。

706 汎用双対尺度法プログラム データ例・1

これは双対尺度法の一般的なことになりますが、特定の列または行が0のみの場合は、正しく分析できません。

706 汎用双対尺度法プログラム データ例・2

次のようにエラー画面が表示されます。

706 汎用双対尺度法プログラム エラー画面


なおメニューの「汎用双対尺度」をクリックして表示された画面で、「個別処理」をクリックすると、1つのクロス集計表について双対尺度法を実行することができます。
506 双対尺度法プログラム」と同様の処理を行います。

 


アドインプログラム販売価格: ¥3,500.- 
※販売のみを行っております。ご質問対応等のサポート及び改変は承っておりません

ご注文はこちらから。別途、注文フォームが開きます。

VBAソースコード販売価格: ¥70,000.-
※コードの内容は、上記標準版の内容の通りです
※サポート・ご質問の対応・改変のご依頼を承ることはできかねます


デモンストレーション用 Excel形式マクロファイル ダウンロード