コンピュータは働きたくて、いつもウズウズしています!   Data + Automation = Datamation
TEXT_SIZE

403 ニューラルパターン照合プログラム

ニューラルパターン照合プログラムは、ニューラルネットによるパターン照合をするときに使用します。


サンプルデータ・A ~ 実数の場合

予め、次のように学習データと照合データの両方を用意します。
このプログラムは、実数データでも0・1データ(ダミー変数)でも実行できます。次のデータは実数データの例です。


設定画面・A ~ 実数の場合

アドイン接続後、メニューから「ニューラル照合」をクリックすると、次のように設定画面が表示されます。

学習データ範囲:

上のサンプルデータでは、青色の部分をマウスでドラッグして、範囲選択をします。
データの範囲は、標準版(403A)は20行 × 20列以内です。
拡張版(403B)は400行 × 40列以内です。

処理の種類:

競合学習と照合とを同時に行う場合は、右側の「競合学習と照合」をクリックして選択します。

データの種類:

データが0・1の2値か、実数か、該当するものをマウスでクリックして選択します。

照合データ範囲:

「競合学習と照合」を選択した場合にのみ、範囲選択をできるようになります。
上のサンプルデータでは、黄色の部分をマウスでドラッグして、範囲選択をします。
データの範囲は、標準版(403a)は20行 × 20列以内です。
拡張版(403b)は400行 × 40列以内です。

初期の学習率:

必要に応じて、100までの数値を入力します。単位はパーセント(%)です。

打切りの回数:

必要に応じて、100000までの数値を入力します。

中間出力:

中間出力を行う場合は、チェックを入れます。
チェックを入れると出力先を選択できるようになります。
出力を開始したいセル1か所をマウスでクリックして選択します。
なお予測値の出力は、このデータの場合であればデータの最も右端の列(E列)の次の列(F列)に自動的に出力さるので、その次の列(G列)に中間出力が自動的に表示されます。

設定が済んだら、「開始」ボタンをクリックします。
「中止」ボタンをクリックすると、操作を中止します。


出力結果・A ~ 実数の場合

なお中間出力にチェックを入れると、次のように表示されます。


参考

この処理のポイントは、競合層ニューロンの近傍の結合係数を計算し、パターンを確定することです。
照合データに対する結合係数を計算し、競合学習したニューロンのパターンから、照合データのパターンを確定します。

なお、結合係数の初期設定には乱数を用いて設定しています。
このニューラル照合は、2次元の競合層配列を使用しています。
そして、近傍結合係数を毎回計算し、これをもとに荷重係数を毎回更新しています。


サンプルデータ・B ~ 0・1データの場合


設定画面・B ~ 0・1データの場合

分析用データ(サンプルデータ)は0・1データなので、「データの種類」では、「2値(0,1)」を選択しています。


出力結果・B ~ 0・1データの場合


アドインプログラム販売価格:
403a: 20列 × 20行以内: ¥4,000.-(税込)
403b: 40列 × 400行以内: ¥5,000.-(税込)

ご注文はこちらから。別途、注文フォームが開きます。


VBAソースコード販売価格: ¥60,000.-(税込)
※コードの内容は、上記標準版の内容の通りです
※サポート・ご質問の対応・改変のご依頼を承ることはできかねます


▲動作環境・アドイン接続方法など▲

動作環境

日本語版Windows用 日本語版Microsoft Excel2003以降(推奨)が快適に動作するパソコン。
Excelのアドイン「分析ツール-VBA」のアドイン接続を必ず行い、マクロを使用可能にして下さい。
その他は、Microsoft Excelの仕様に基づきます。

なおMicrosoft社によるサポートが終了したバージョンのExcelを使用したときのいかなる障害・損害・不便などにおきましては、当方では責任を負いかねます。
予めご了承ください。

アドイン接続方法・
ソフトウェア使用許諾

addman03     addman07

※Excel2016・2019も右側の「Excel2007・2010・2013用」をお選びください

    get adobe_reader

※カスタマイズは対応不可となりました(2019年1月)

お支払方法・納品方法などについては……

特定商取引に関する法律に基づく表記をご覧ください。

Excel用アドインプログラム