コンピュータは働きたくて、いつもウズウズしています!   Data + Automation = Datamation
TEXT_SIZE

211 散布図合成プログラム

Excelでも散布図を作ることができますが、この散布図合成プログラムは、一度作成した散布図の中に、更に新しいデータを追加して、1枚の散布図にまとめて表示するときに使用します。

サンプルデータ

上側の青色のデータは、通常の散布図を作成するためのデータ、下側の緑色のデータは追加用のデータです。


操作手順

アドイン接続を終え、メニューの「散布図合成」をクリックすると、次のように設定画面が表示されます。

最初に散布図を作成する場合は、「はい」ボタンをクリックします。

「新規データ範囲」では、散布図を作成したいデータの範囲を、マウスでドラッグして範囲選択します。
なお行数は300行までです。
行数が増えると、それだけ表示させるデータラベルも増え、ラベルの表示が正常に行えないことがあるので、300行を超える行数への対応は行っておりません。

なお散布図作成においては、データラベル列のほか、2列の数値データ列が必要です。
2列の数値データは、順に横軸・縦軸に反映されます。

設定が済んだら、「開始」ボタンをクリックします。

ここで設定画面を閉じるには、「中止」ボタンをクリックします。


出力結果


追加の例

一度、このプログラムで散布図を作成した後、メニューの「散布図合成」を再度クリックすると、次のように設定画面が表示されます。

「新規に作成しますか。」と表示されますが、今回は追加用の散布図を作成するので、「いいえ」ボタンをクリックします。

追加用のデータを指定します。
ここでは、項目名の行を含めずに、マウスでドラッグして範囲選択をします。
上のサンプルデータの例では、緑色に塗られた部分のみが対象です。
設定が済んだら「開始」ボタンをクリックします。

最初に作った散布図に追加した3行のデータが、散布図に反映されました。


参考

表頭・表側が交差する先頭セルに記した内容が、そのまま散布図のタイトルに反映されます。

データラベルのフォント色は、そのまま円の色に反映されます。
本プログラムで散布図作成後は、データラベルのフォント色を変更しても、散布図への反映はされません。

なおデータの数値は、散布図作成後でも変更を反映させることができます。

出力されたグラフの中で、狭い範囲にたくさんの円が密集していると、ラベルなどが正常に付加されないことがあります。
充分に拡大し、再度グラフを作成するなどして、解決できる場合があります。


2014/04/01~価格: ¥3,888.-
キャンペーン価格: ¥3,213.- (2014/03/31ご注文送信分まで)

ご注文はこちらから。別途、注文フォームが開きます。

▲動作環境・アドイン接続方法など▲

動作環境

日本語版Windows用 日本語版Microsoft Excel2003以降(推奨)が快適に動作するパソコン。
Excelのアドイン「分析ツール-VBA」のアドイン接続を必ず行い、マクロを使用可能にして下さい。
その他は、Microsoft Excelの仕様に基づきます。

なおMicrosoft社によるサポートが終了したバージョンのExcelを使用したときのいかなる障害・損害・不便などにおきましては、当方では責任を負いかねます。
予めご了承ください。

Microsoft社「Windows XP および、Office 2003 のサポート終了についてのご案内
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/sp3eos.aspx

●Excel2003まで対応しております●

アドイン接続方法・
ソフトウェア使用許諾

addman03   get adobe_reader

カスタマイズのご用命は、お問い合わせフォームからどうぞ

なおソースコードは、ここでご案内している標準版の内容になります。

お支払方法・納品方法などについては……

特定商取引に関する法律に基づく表記をご覧ください。

Excel用アドインプログラム